更新日:2018/10/19

交通事故の保険について(自賠責保険・任意保険)

自動車保険には、大きく分けて自動車損害賠償保障法(自賠法)で加入を強制されている自賠責保険と自由意思で加入する任意保険の2つがあります。
自賠責保険は一般に強制保険といわれ、任意保険とは、自賠責保険以外の自動車保険をさします。建物で例えるなら、自賠責保険が 一階部分で、任意保険が二階部分にあたり、一階部分の自賠責保険で支払い切れない損害を二階部分の任意保険会社がてん補する仕組みになっています。

自賠責保険は、自動車事故による人身事故の被害者を救済するため、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険です。
もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額(たとえば傷害による損害の保険金額(共済金額)は120万円)までは賠償金を受け取ることができます。
傷害事故の場合、自賠責保険から120万円までが支払われますが、120万円を超える賠償額となった時、加害者が損害保険会社の任意保険に加入している場合は損害保険会社との契約に従い、損害の填補額の範囲内で保険金が支払われます。
加害者が任意保険に加入していない場合は、120万円を超える損害賠償の部分については加害者が自腹を切ることになります。

傷害事故と自賠責保険・任意保険保険の関係
自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)・・・強制保険120万まで

自動車対人賠償保険(任意保険)・・・契約金額まで

任意保険の限度を超える場合は加害者負担

保険金の請求方法は、自賠責保険に請求(被害者請求など)をして、足りない分を任意保険会社から支払ってもらう方法と任意一括払い制度を利用する方法(任意一括請求)があります。
当事務所では自賠責保険を請求し(自賠責保険の被害者請求)、自賠責保険分の保険金を受け取った後、じっくりと任意保険会社と示談交渉することをお奨めしています。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

交通事故に被害者が直面する現実

交通事故を起こした場合・遭った場合

交通事故を警察に届けなかった場合のリスクについて

交通事故証明書について

交通事故の被害者が健康保険や労災保険を使うメリット

自賠責保険の支払金額について

自賠責保険の請求方法について

交通事故の損害賠償の時効について

任意保険について

任意保険会社との付き合い方

交通事故業務トップへ

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー