更新日:2018/10/19

交通事故の被害者が直面する現実

事故直後からこんな問題が起こります
交通事故の被害者になった場合、自賠責保険や任意保険、慰謝料や治療費や休業補償、示談など次々と問題が発生してきます。
被害者は治療に専念していれば、きちんと事故の処理が行われ、正当な賠償が支払われるように思いますが、被害者自身が、事故の処理にあたって、さまざまな点に注意していないと、あいまいな形で事故の処理されてしまうことが多いのです。

交通事故の被害者の方は、この後どのくらい治療を続くのか、どうすれば適正な賠償額を受け取れるのかわからず、加害者側の保険会社に任せているという場合がほとんどだと思います。

被害者の救済を真剣に考えてくれる損害保険会社の担当者と話ができればいいのですが、突然に治療の終了の話をもちかけてきた、提示された計算書で思ったより慰謝料(示談金)が少なかった、後遺障害の等級認定が実態より低かった・・・などのケースも少なくありません。

交通事故の示談ではこんなトラブルに遭遇します
交通事故でトラブルになりやすいのが、加害者に対する損害賠償の請求です。
示談代行付自動車保険の普及に伴い、交通事故の交渉は保険会社の担当者と行うのが殆どです。通常、加害者は保険会社にすべて任せきりといった場合が多く、被害者は加害者に不服を感じながらの交渉となります。

交通事故の慰謝料(示談金)は後遺障害の等級や示談の内容によって大きな差が出てきます。
一般的に保険会社は早い時点で損害賠償額を確定して示談の提示をしてきます。
それは保険会社は営利企業ですので、自賠責保険をオ-バ-する場合には損害賠償額を抑えようとする傾向があるからです。たとえば、残った障害が後遺障害等級の14級に該当しない程度の障害である場合「完治した」とすることが多いようです。
そこで損賠保険会社の治療費の支払は打ち切られ、後遺障害の等級申請の話もされずに示談交渉が始まることもよくあります。
ですから疑問に思うことがある場合は、保険会社の担当者に質問したり、今後どうすればいいのか相談するなどの方法で、妥当な賠償額や現在の状況を知る必要があります。
任意保険会社は交通事故の専門家であると同時に営利企業なので示談交渉にもなれており、被害者が押し切られてしまって、支払われる交通事故の慰謝料や損害賠償は満足な結果は得られにくいことも多いです。
人生においてそうそう体験することのない交通事故の被害者となってしまった状態で、自分自身で示談の前に慰謝料を含めた損害賠償額全体を色々調べて計算した上で、納得のできる示談交渉をするのは大変なのです。
けれども、納得できる損害賠償を受けるために、加害者や損害保険会社の損害賠償定時額に不満があるが「うまく反論できないので我慢する」というのではなく、冷静になって、損害賠償という形で相手にどういった種類のお金をどれだけ請求できるかということを把握して納得がいく解決まで道筋を見つけることが大切です。

当事務所は自賠責保険請求を通じて交通事故に関する悩みを解決するお手伝いをしています。
【対応地域】

兵庫県加古川市、高砂市、明石市、姫路市、加古郡播磨町、稲美町など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、三木市、西脇市、相生市、たつの市、赤穂市、赤穂郡上郡町、揖保郡太子町など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。
注意 あなたに代わっての示談交渉・紛争案件・書類作成に付随しない法的な相談、裁判所に提出する書類など弁護士法やその他の法律に抵触するような行為や行政書士の業務範囲を超えた業務は取り扱っておりません。

交通事故を起こした場合・遭った場合

交通事故を警察に届けなかった場合のリスクについて

交通事故証明書について

交通事故の被害者が健康保険や労災保険を使うメリット

交通事故の保険について(自賠責保険・任意保険)

自賠責保険の支払金額について

自賠責保険の請求方法について

交通事故の損害賠償の時効について

任意保険について

任意保険会社との付き合い方

交通事故業務トップへ


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー