更新日:2018/10/19

相続手続き

相続が起こったら、どのような手続きが必要になるのでしょうか?

遺産相続とは、亡くなった人(被相続人)の財産を生きている身内(相続人)が引き継ぐことです。遺産相続は、人生の中で頻繁に起こる出来事ではありませんので、普段は意識せずに過ごしていても問題はありませんが、人が死亡することによって自動的に発生します。
遺産相続は、「ある日突然」訪れるものですし、また、相続はおひとりおひとりが異なった状況で発生しますのでいざという時のためにも、最低限の知識を身につけておくことは大切です。

相続手続きは、遺言書がある場合は遺言書に沿って手続きを行います。
けれども、遺言書がない場合の相続手続きは大まかに以下のような流れとなります。
①死亡届を提出する(7日以内)
②必要な公的書類を集める。
③金融機関に連絡を行う。
④収集した戸籍などで相続人を確定する。
⑤預貯金や不動産など相続財産を調べる。
⑥生命保険金や年金や健康保険の手続きを行う。
⑦誰が何を相続するかを話し合い、遺産分割協議書にまとめ相続人全員が署名押印を行う。
⑧遺産分割協議書に従って名義変更を行う。
⑨相続税の申告が必要な場合、相続税を申告する。(10か月以内)

以上の流れに従って、相続の手続きを自分自身でやってみようとしたけれど、
相続には複数の書類や市役所・銀行・法務局など煩雑な手続きが必要となるため、
ややこしいこともありますし、相続人が全国各地にいて連絡がつかないという場合もあります。
また、専門家に相談すると高額な報酬がかかるのだろうかと不安な場合もありますし
時間的にも精神的にも相続手続きが負担になっていったん中断状態になっているものの、
相続の手続をしないまま、何代も代替わりすると、相続人が何十人にもなり、
結局、余計に煩雑な手続きを行わないといけないようになってしまうと話に聞いているので
できる限りもめずにすみやかに平等な相続を済ませたい方もおられると思います。

また、すんなり進むと思っていた相続手続きの場合でも、途中で以下のような問題が起こる場合もあります。

色々調べたけれど相続の手続きがよくわからない
戸籍をさかのぼって取り寄せるのが思った以上に大変だった
登記簿や固定資産評価証明の取得方法がよくわからない
遺産分割協議書の書き方がよくわからない
相続人の範囲が不明のため、どうすればいいのかわからない
平日時間がないので戸籍謄本・除籍謄本などが取り寄せられない
自分で遺産分割協議書を作成したが、本当に法的に問題がないのか
相続人が全国に点在して人数も多く、ので郵送でのやりとりが大変

当事務所は、このような皆さまの声をお伺いした上で、相続手続きの流れの説明、相続人戸籍調査、相続関係図作成、相続財産調査、遺産分割協議書の作成、名義変更等で、遺産相続におけるあなたのお抱えの問題をサポ-トします。

当事務所の相続手続の費用の目安

相続人調査・・・40,000円~(調査立替実費別途)
相続関係説明図作成・・・20,000円
相続財産調査・・・50,000円~(調査立替実費別途)
遺産分割協議書作成・・・30,000円~(戸籍や財産目録がそろっている場合)
遺産分割協議書捺印サポ-ト・・・相続人1名につき20,000円 配達記録郵便で各相続人に郵送します
ひとまず自分で挑戦してみたい方は初回メール相談無料、その後メ-ル相談一回あたり1,080円で対応させていただきます。

【対応地域】兵庫県加古川市、高砂市、明石市、姫路市、加古郡播磨町、稲美町など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、三木市、西脇市など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

相続のことで困ったことが起こったり、手続きが進まないということなどがございましたら、ぜひ当事務所までご相談ください。

相続手続きの流れ
当事務所の相続手続きサポート
戸籍の種類
相続手続きに必要な書類
遺産分割協議書の作成
遺産分割協議書のサンプル
相続による名義変更手続き
相続手続きをしないままでいると
円満な相続のために


Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー