更新日:2017/3/29

任意後見契約

「今は元気だけれど将来、認知症になってしまったらどうしよう・・・」

高齢期に備えて、どのような制度を利用したらいいのかわからない、
任意後見契約や財産管理の委任契約について教えてほしい、
老い支度をしておきたい
というお問い合わせいただいた時にご紹介させていただくのが任意後見制度です。

任意後見制度とは
判断能力のあるうちに、もし判断能力が衰えてきたとき、
「財産管理をはじめ誰にどのような援助を受けるか」
「生活や療養看護に関すること」
について、あらかじめ決めておきたい、老後のために用意しておいた財産を、認知症になってしまった後も自分の思うように使いたいし、自分の思うように生活もしたいという気持ちを尊重する制度です。

当事務所は、
将来依頼したい内容や、どのような生活が送りたいのか、どのような心配事があるのかなど、ゆっくりお話しを聞きながら、あなた様が納得のいく契約書づくりのサポートをさせていただきます。

任意後見契約とは


任意後見制度とは、任意後見契約に基づいて、自分が判断能力のある間に、受任者(任意後見受任者)に対し、あらかじめ認知症や精神障害などによって判断能力が不十分な状況になった場合に備えて「財産管理に関すること、身上監護に関すること」の全部又は一部を委託し、その委託に係る事務について、受任者に代理権を付与するものです。
いわば備えとしての制度です。
任意後見人は、委任者が信頼できる人、納得できる人にお願いするのがいいでしょう。事情がある場合や、まわりに親族がいない場合は、弁護士や行政書士などの専門家に依頼することもできます。(法人を選任することも、複数の人を選任することもできます)

実際に任意後見を利用するのは、判断能力が落ちてからですが、早めに準備しておき、判断能力が落ちても自分らしい生活を維持できるよう、支援の範囲について自分の希望(自分がどうしたいのか)や考えをまとめて、しっかりと後見人と定めた人と話しあっておきましょう。
任意後見契約は、さまざまな事務を他人に任せることを目的としているため、委任する本人の意思を確認し、契約の内容を法律に従ったものとするため、契約内容を公正証書に定めることになっています。

任意後見制度の費用

公正証書作成の基本手数料 11,000円
(財産管理の委任契約を含む場合は 21,000円)
登記嘱託手数料 1,400円
法務局に納付する印紙代 4,000円
その他用紙代 数千円

当事務所では、任意後見契約書(公正証書)を作成するための煩わしい手続きをフルサポートいたします。
任意後見契約書作成  63,000円~
移行型の任意後見契約書作成(財産管理委任契約を含む) 84,000円~
※移行型の任意後見契約書は、判断能力の低下前は財産などの管理を委任する契約書として、また判断能力低下後は、任意後見契約書として機能する契約書(いわゆる移行型任意後見契約書)です。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">


任意後見契約の流れ
任意後見契約の種類と報酬
任意後見契約の利用方法
任意後見人の具体的な事務内容
任意後見制度を利用するにあたっての留意点
財産管理等の委任契約
見守り契約

【対応地域】兵庫県加古川市、高砂市、明石市、姫路市、加古郡播磨町、稲美町など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、加東市、三木市、西脇市など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー