更新日:2017/3/29

生前準備について

相続は血のつながった家族や血族の問題ですので、分割の協議がうまくいかないと、後々まで禍根を残すこともありえます。円満に相続を終えるには、仲の良いうちからの準備が大切です。

自分自身のことを一番理解しているのはほかでもない自分自身。相続人に心配をかけないように、生前からしっかり準備しておきましょう。

1.法定相続人を確認しておくこと
自分の死後に誰が財産を受け継ぐのかを明確にするため、相続人になる予定の人(推定相続人)を把握しておきましょう。

2.財産の一覧を作成しておくこと
財産には不動産、現金、預貯金、株式などの有価証券、貴金属、ゴルフ会員権など、さまざまなものがあります。ローンなどのマイナスの財産も含まれます。財産をリストアップしておくと、相続人にとって遺産が明確になります。
財産がどこにあるのか全く不明である場合、遺族間で遺産相続におけるトラブルが起こる可能性があります。また借金がある場合には死亡確認後の債権者が突然ご家族に請求してくる場合があります。
相続人に明確に伝わるようにしておきましょう。

3.遺産の分割方法を検討しておくこと
自分が誰に何を相続させたいかを検討しておくと、正式に遺言書を作成する際に役立ちます。

4.相続税対策をしておきましょう
相続税が発生する可能性がある場合は専門家に相談してくことをお勧めします。相続人に有利になるような対策をすることができるからです。

5.遺言書を作成しましょう
相続人同士のトラブルを避けるために遺言書を作成しましょう。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。
遺産の分け方に関するトラブルは、状況を判断した上で遺言書を作成し、執行されることで回避できるといえます。

このように生前準備をしておくことで
親族間の遺産分割の争いを避けることができる
相続人が時間をいたずらに浪費することがなくなる
相続人の精神的体力的負担が軽減される
遺産分割で争わないので余計なお金がかからない
相続人が遺産分割後の手続きに早く進める
というメリットが考えられます。

これらの生前準備を行うタイミングは、「もう少ししてから」ではありません。
いつ事故がおきて体が不自由になるかも分かりません。
相続という問題に関心をお持ちでしたら、今すぐ生前に行える準備について考えることをお勧めいたします。

任意後見契約はこちら

遺言書の作成について

兵庫県加古川市の行政書士中野智子事務所では、地元である加古川市、高砂市、播磨町、稲美町、姫路市、明石市やその周辺にお住まいの皆様から相続・遺言に関するご相談や手続きを多数ご依頼いただいております。ご相談は当事務所にお越しいただくか、行政書士が出張することも可能です。
上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、西脇市など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。一人ひとりの相続手続遺言書作成や生前準備に関するご相談にじっくりと向き合い、最適な解決に向けてサポートいたします。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

 

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー