更新日:2017/5/24

離婚に向けて話し合いの進め方

離婚には強い覚悟と入念な準備と十分な話し合いが大切です。

離婚する決心がついたら、離婚に関する法律知識をつけましょう。
財産分与・慰謝料・親権・養育費・面接交渉・年金・ローンの問題、離婚後の暮らしなど、後々問題を残さないために、判を押す前に話し合っておくことは沢山あります。
配偶者(夫または妻)の浮気が原因で離婚したいのであれば、証拠をつかんでおきましょう。
また、離婚後も子どもと暮らしたいのであれば、子どもと離れないことも大切です。離婚後の生活を考えて生活費を蓄えたり、経済的基盤を作っておくことなども大切です。
協議離婚の場合、後で後悔しないために離婚に向けての話し合いでは「相手の真意」と「離婚後との生活設計」について、十分に話し合っておきましょう。
話し合いを進めていく上で、子どものことやお金のことについて、こうしたいという自分の要求や主張をまとめることが大切です。
両親の離婚で大きな犠牲を受けるのは子どもです。子どもがいる場合は離婚後の子どもの幸せを優先しましょう。
また、離婚の話し合いの際に一番折り合いがつかないのはお金の問題であることも覚えておきましょう。そのために、離婚についての法的知識が必要にあること、話し合いの時にこんなはずではなかったとならないために結婚後に築いていた財産についても、確認しておきましょう。

一から話し合いを始める場合、会いたくない相手との話し合いになりますので、感情のもつれから時間ばかりかかって、肝心の協議ができず、余計に疲れてしまう危険もあります。
相手にどんな要求ができるのかなど事前に専門家に相談し、子どもの教育に関わる重要で譲れない部分などについての知識などを蓄え、相手との話し合いに備えるのも一つの方法です。

話し合いに備える内容として「親権」「面接交渉権」「慰謝料」「財産分与」「養育費」などがあります。
ただ、慰謝料・財産分与、養育費等の算定は、妥当な金額かどうかの判断がつかず、提示された相手方の納得がいかずに話合いが止まってしまうケースがありますので、相手に主張する根拠も準備しておきましょう。そのためには話し合いのたたき台やリストなどがあると、書面が話し合いのベースとあるため、話し合いが進みやすくなります。

実際話し合いの場では、離婚協議というのは、相手があっての話という事を念頭に、自分の要求をけんか腰に一方的に主張するばかりではなく、ある程度は妥協点(納得できる点)を決めておいて、相手の出方を伺って、譲歩をしつつも、なるべく自分に有利なところに決着できるような駆け引きが必要です。

そして話し合った内容が合意すれば、離婚協議書を公正証書で作成しておきましょう。

夫婦二人だけで話合いをすることが困難な場合は、冷静な第三者を交えることも検討しましょう。親族が介入した場合、さらに対立が深まる場合もありますので、慎重に検討してください。それでも全く話し合いがまとまらない場合は、調停に進むことも視野にいれてください。

兵庫県加古川市の行政書士中野智子事務所が離婚協議書作成・離婚公正証書作成をサポートします
対応地域
兵庫県加古川市、高砂市、明石市、姫路市、加古郡播磨町、稲美町など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、三木市、西脇市など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

子どもがいる場合、話し合っておきたいこと
お金について、話し合っておきたいこと
相談してみようというあなたへ

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー