更新日:2020/6/30

離婚に向けて話し合いの進め方

離婚する決心がついたら財産分与・慰謝料・親権・養育費・面接交渉・年金・ローンの問題、離婚後の暮らしなど、後々問題を残さないために、話し合っておくことは沢山あります。
また、離婚後も子どもと暮らしたいのであれば、離婚後の生活を考えて生活費を蓄えたり、経済的基盤を作っておくことなども大切です。
離婚後の子どもの幸せを優先しましょう。

話し合いに備える内容として「親権」「面接交渉権」「慰謝料」「財産分与」「養育費」などがあります。
ただ、慰謝料・財産分与、養育費等の算定は、妥当な金額かどうかの判断がつかず、提示された相手方の納得がいかずに話合いが止まってしまうケースがありますので、相手に主張する根拠も準備しておきましょう。そのためには話し合いのたたき台やリストなどがあると、書面が話し合いのベースとあるため、話し合いが進みやすくなります。

離婚協議というのは、相手があっての話という事を念頭に、譲歩をしつつも、納得できるところで合意すれば、離婚協議書を公正証書で作成しておきましょう。

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー