更新日:2017/5/24

離婚を考え始めたら

本当に離婚するのですか?でも・・・・もう一度じっくり考えましょう。

もし、あなたが今、協議離婚をお考えなのであれば、まず本当に離婚という選択をするのかじっくり検討されることをお勧めします。
配偶者の不貞行為のために夫婦関係が破綻し、ついに離婚のやむなきに至った、配偶者と不仲な状態が続いており長年我慢をしてきけれどもう精神的に限界であるなど離婚の原因は様々です。

ですが、まずはじっくりと考え、離婚についての知識を蓄えましょう。「あの時こうしておけばよかった」と後悔しないためにも。準備不足で人は、悩んでいる間も離婚後も、の離婚は後悔の元になりえます。

それからパートナーと冷静にじっくり話し合ってください。人生の大きな転機となる離婚の話し合いの疲れや焦りから、離婚後の生活についてまで、十分に向き合う余裕や準備ができていないままで、離婚してしまうのは非常に危険といえます。

その上で離婚した方がよいという結論に至った場合、一度は専門家に相談し、離婚後の充実した人生に向けて備えましょう。親や友人ではなく専門家に相談するメリットは、親や友あなたの心の支えや助けになってくれますが、親とは世代間のギャップがあるものですし、友人にお金を含めた夫婦間の問題をすべて赤裸々にさらけだすのは難しいのではないでしょうか。
その点、専門家は守秘義務があり、第三者としての冷静で客観的な判断ができ、正確な法律知識を含めたアドバイスができます。

離婚に向けての話し合いの進め方

話し合いによる協議離婚

子どもがいる場合、話し合っておきたいこと

お金について、話し合っておきたいこと

協議離婚に向けてこれだけは決めておきましょう

離婚についての話し合い一覧例

離婚届の証人をお探しの方へ

離婚は離婚届を役所に提出するだけで難しい手続きは必要なく、成立しますが、こんなはずではなかったと離婚後に後悔することのないよう、じっくり知識を蓄えたうえで、準備を整えることを考えましょう。
対応地域
兵庫県加古川市、高砂市、明石市、姫路市、加古郡播磨町、稲美町など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、三木市、西脇市など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

相談してみようというあなたへ
どのように書面化すればよいでしょう

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー