更新日:2020/6/30

配達証明付き内容証明郵便でクーリングオフする場合

内容証明郵便は、誰が、いつ、どんな内容を、誰に送ったのかを郵便局が証明してくれる特殊な郵便です。
郵便は確実な通信手段ですが、稀に何らかの事故で配達されない場合もあります。一般の郵便の場合は、「そんな郵便は受け取っていない」「確かに送った」と争いが生じる可能性もあり得ます。しかし、内容証明郵便を利用することで、そのような事態は避けることができます。

一般の郵便物を書留郵便にした場合は、郵便物を引き受けた時から配達までの保管記録は郵便局に残されますが、書留では郵便物の内容についての証明にはなりません。また、クーリングオフの通知は、一定の書面の交付を受けた日(契約締結日)から一定の期間内に発信されなければなりません。クーリングオフは消費者保護のため発信すると撤回の効力が発生することになっています。通知が所定の期間に発信されるように証明するために配達証明が必要です。

内容証明郵便を配達証明付きにしておけば、郵便物を発信した事実、内容、相手に配達されたかまで証明され、のちのち有力な証拠になります。

当事務所にご依頼いただいた場合、様々なケースに応じて法的に確実にクーリングオフできる迅速に内容証明郵便の「通知書」を作成し、配達証明付きで発送します。書面には行政書士名を表示します。また、作成した内容証明郵便は発信後に、すみやかにお客様に返却しますので、もし相手が悪徳業者などで無視をしてきた場合などでも、ク-リングオフの通知をした証拠として大変強力なものになり、安心です。

当事務所の
クーリングオフ手続き代行14,000円(但し3箇所になる場合は3500円追加になります)
※その他案件により異なる場合もあります。

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー