更新日:2017/3/29

交通事故の示談の金額について

保険会社はあくまで営利企業であるため、保険金の支払いが少なければ利益となり、支払いが多ければその分利益が少なくなります。
また交渉のたびに最初の提示額から少しずつ金額を上げていき、最終的には最初の提示額よりは高い金額で示談成立となることをあらかじめ意しての低い提示をしている場合もあります。示談が成立しなかった場合には、損害賠償の金額は最終的に裁判所によって決定されます。
後遺障害のある場合の示談交渉

傷害事故の示談交渉は、通常は退院してから開始しますが、後遺症のある場合や、後遺症が現れることが予想される場合には、後遺障害等級の認定を受けてから示談交渉に入ります。
※通常は、示談交渉が成立すると、成立した決定事項を変更することはできません。しかし示談成立時に予想していなかった後遺症が後から現れた場合には、その後遺症についての損害賠償をすることは可能です。

交通事故の示談に向けての確認事項・・・

損害賠償の算定について ■交通事故の慰謝料について
損害賠償について ■損害賠償の基準
■積極損害 1(治療費・通院交通費)  2(付添人費用・入院雑費)
消極損害 ■傷害慰謝料
逸失利益 ■逸失利益算定のための収入額の基準
ライプニッツ係数表 ■賃金センサス

示談について
示談の話し合いが進まない場合

【対応地域】兵庫県
加古川市 加古郡(播磨町 稲美町)明石市 姫路市 高砂市など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、三木市、西脇市、相生市、たつの市、赤穂市、赤穂郡上郡町、揖保郡太子町など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

注意
あなたに代わっての示談交渉・訴訟を視野にいれた案件や紛争性を帯びた案件・書類作成に付随しない法的な相談、裁判所に提出する書類など弁護士法やその他の法律に抵触するような行為や行政書士の業務範囲を超えた業務は取り扱っておりません。
当事務所は自賠責保険の請求手続きをサポートします。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー