更新日:2017/10/12

交通事故の示談について

示談とは、裁判所の関与なしに当事者間で話し合って、損害賠償額などを決定することです。
交通事故の加害者が任意保険に加入している場合は、通常は保険会社が加害者に代わって示談交渉を行います。
示談が成立すると、特別な事情がない限りは、変更や取り消しをすることができません。

示談とは
示談とは、加害者が一定の損害賠償額を支払うことを約束して、被害者は、その金額を受け取った後は、それ以上の請求をしないことを約束することです。ですから示談契約の交渉は慎重にすすめましょう。

示談交渉の時期
示談の時期に決まりがあるわけではありませんが、示談は通常は最終的な解決となりますから、損害額が確定していないうちに示談をすることは原則的にはありません。
そのため示談交渉の開始も通常は損害確定を待ってから行います。
傷害事故の場合は、治癒または症状固定後になります。
加害者側が早めに示談を申し入れてきた場合でも、傷害事故の場合は信頼できる主治医が治癒したと判断した場合、後遺障害が残った場合は信頼できる主治医が症状固定と診断して調査事務所で後遺障害等級が認定された後にするのがよいでしょう。
その場合、もし後遺障害の等級認定に不服があれば異議申し立てをすることもできます。
被害者としては早く損害賠償金や保険金を受け取りたい気持ちが強いと思いますが、まだ治療継続中に示談をしてしまった場合、予想外に治療が長引ク可能性もありますのでじっくり考えましょう。

法律で禁止されているため当事務所が示談交渉を行うことはありません。あなたに代わっての示談交渉・紛争案件・書類作成に付随しない法的な相談、裁判所に提出する書類など弁護士法やその他の法律に抵触するような行為や行政書士の業務範囲を超えた業務は取り扱っておりません。
示談の金額や交渉の進め方について

【対応地域】
兵庫県加古川市、高砂市、明石市、姫路市、加古郡播磨町、稲美町など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、西脇市、相生市、たつの市、赤穂市、赤穂郡上郡町、揖保郡太子町など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

 

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー