更新日:2017/10/12

保険金の請求について

交通事故による怪我の治療が終了したところで、保険会社の人が「このような計算になりましたので、この額をお渡しします」と連絡がきます。そして担当者と示談交渉をすることになります。場合によっては、被害者がまだ治療をしている最中に、早く示談しようとして、何らかの働きをしてくることかもしれません。
しかし、まだ自分がまだ治っていない、もっとよくなると思っている時は、医師と相談して、必要ならば健康保険などを使って治療に専念した方がいいでしょう。
交通事故の示談をする時期は、治療終了後か、後遺障害が確定した時です。交通事故の損害賠償額は重傷か軽傷か後遺障害が残るかどうかで変わってきます。まず、軽傷よりも重傷の方が損害賠償額は高額になり、後遺障害が残る場合は遺失利益の分、高額になります。(ただし、被害者に過失があった場合には過失相殺されます。過失相殺は損害賠償額の全額から過失の割合に応じて減額されますので、一割割合が違っただけでも大きな金額となるといえます)

交通事故の賠償金の基準は、自賠責基準・任意保険基準・裁判所基準の三つがありますが、任意保険会社と示談交渉をするにあたり、保険会社は「適正な支払い」という前提で自社の支払基準をベースに計算して金額提示してきますが、裁判所基準と比較すると低く抑えられている場合が多いです。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

交通事故の慰謝料の基準について

損害賠償について

積極損害(治療費・通院交通費)

積極損害(付添人費用・入院雑費)

消極損害

傷害慰謝料

逸失利益

逸失利益算定のための収入額の基準

ライプニッツ係数表

賃金センサス

示談について

示談の金額や交渉のすすめ方について

(症状固定の時期・過失割合)

(事前調査)

示談の話し合いが進まない場合

【対応地域】兵庫県
加古川市(尾上町・加古川町・金沢町・上荘町・神野町・志方町・西神吉町・野口町・平岡町・東神吉町・平荘町・別府町・八幡町・米田町・山手・新神野・大崎・西条山手)加古郡(播磨町 稲美町) 明石市 姫路市 高砂市 など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、三木市、小野市、加西市、西脇市、相生市、たつの市、赤穂市、赤穂郡上郡町、揖保郡太子町など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー