更新日:2020/6/30

当事務所のむち打ち症の後遺障害認定サポート

当事務所は、むち打ちで苦しんでいらっしゃる被害者の皆様は、完治を第一優先で考えていただきたいと考えております。
治療やリハビリを十分行って、それでも後遺症が残る場合に、後遺障害等級の申請を検討すればいいと思っています。後遺障害が残らないのが、一番の解決です。
しかし、もしものことを考えて交通事故後遅くとも1カ月以内にMRI撮影と神経学的検査を受け、神経学的検査は、その後、毎月継続的に受けていただきたいと思っています。

むち打ち(頚椎捻挫)や腰椎捻挫の後遺障害は、主に次の3つ評価されます。

12級13号
局部に頑固な神経症状を残すもの
他覚的所見(レントゲン写真・CT写真・脳波検査・脳血管写・気脳写・筋電図等の検査)が認められる必要があります。

14級9号
局部に神経症状を残すもの
他覚的な所見は認められないものの、受傷様態や治療内容などによって症状の残存が説明可能な場合に認定されます。
具体的には、医学的に証明されないものであっても、受傷時の態様や治療の経過から、被害者の訴えが一応説明つくと判断されるもの。医学的に証明しうる精神神経学的症状は明らかではないけれど、頭痛、めまい、疲労感などの自覚症状が単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるものとなります。

非該当
後遺障害に該当しないとされたものです。

後遺障害の立証には後遺障害等級の認定基準や、傷病に関する医学的な知識が必要です。
これらの証明を専門家を活用することで、負担を軽減し、後遺障害の実態に即した適正な結果が得られるサポートをさせていただきます。

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー