更新日:2020/6/30

むち打ち症の治療期間と後遺障害認定について

一般的にむち打ち症は、長期化することは少なく、1~2カ月で治療の終了ことが多いようです。しかし通院期間6カ月以上と長期化する例もけっして珍しくはありません。さらに完治するとは限らず、しばしば長期にわたって様々な症状が残ってしまうこともあります。

むち打ち症の治療や後遺障害認定において大切なのは事故直後のMRI撮影と神経学的テストをしているかです。
もしMRI撮影をしていないような場合はMRI撮影を医師に申し出てください。
神経学的テスト(ジャクソンテスト・イートンテストなど)もきちんと受け、医師に不具合をきちんと伝えながら継続的に通院し治療に専念しましょう。

後遺障害は「診断書に記載された内容」で判定されます。ですから、自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書に「検査の結果」「首を何度曲げると痛みが出る」「腕など関節機能の痛みのある側(患側)とない側(健側)の曲がる角度の差」「左右の握力」など詳細に症状を記載して、写真などで状態を撮影して証明します。

肩や上肢のだるさや痺れは何が原因で起きているのかによって検査が違ってきます。
末梢神経である神経根症状を確認するテストはスパーリングテスト・ジャクソンテスト
腰部のテストとしては、FNSテスト・セラーグテスト・筋反射テスト
神経麻痺であれば、神経伝達速度もしくは針筋電図検査
胸郭出口症候群の圧迫型であれば、鎖骨下動脈の血管造影検査などを行います。

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー