更新日:2020/6/30

症状固定についてのアドバイス

症状固定とは、これ以上治療を続けても症状の改善や回復が期待できない状態のことです。
リハビリなどによって症状が一時的に回復しても、またすぐに元に戻ってしまう状態を繰り返している場合も含まれます。
リハビリによって明らかに症状が回復しているときは、症状固定ではないので症状固定の時期は、医師とよく相談して決めましょう。

症状固定と判断されたら、傷害による損害が確定します。
症状固定後の治療費は、医学上必要と認められる場合を除き、原則として支払われません。
休業損害も終了します。
症状固定後も治療を続ける場合は、治療費は原則として自己負担となります。

症状固定になったら医師に後遺障害診断書を作成してもらい、後遺障害等級認定の手続きに入ります。後遺障害と認定されれば、傷害慰謝料に加えて、後遺障害慰謝料と逸失利益の請求ができます。

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー