更新日:2017/3/29

自賠責保険の被害者請求について

自賠責保険は、自動車事故による人身事故の被害者を救済するため、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険です。これに違反した場合、刑事処分では一年以下の懲役または50万円以下の罰金とされ、行政処分では点数制度の基礎点数を6点にされて、点数制度上の前歴や累積点数がなくても免許停止処分を受けることになります。

もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額(たとえば傷害による損害の保険金額(共済金額)は120万円)までは賠償金を受け取ることができます。
自賠責保険は、偶然、事故にあった被害者が賠償金をもらえず、泣き寝入りするのを未然に防ぐ被害者保護する立場から保障制度的な要素が強く、かつ多くの請求を迅速かつ公平に処理する必要から、定型・定額化された支払い基準が定められています。

自賠責保険は、加害者の方が自動車の運行によって被害者の方を死傷させたことによる損害を補償する制度で「対人賠償」に限られています。
そのため物損事故は対象になっていません。(「運行」・・・自動車の走行中の他、ドアの開閉・クレーン車のクレーン作業・ダンプ カーの荷台の上げ下げなど、自動車を本来の用い方に従って用いている場合のこと「他人」・・・所有者や借受人など自動車を自分の思い通りに使う事が出来る者以外の方のこと)
被害者のケガや死亡に賠償金が支払われ、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。

自賠責保険は、被害者救済を目的としてるので、被害者の過失割合が7割未満の場合は減額されず、被害者に有利な減額割合になっています。
ただし、任意保険と違って示談代行サービスはありません。
自賠責保険の支払い限度額は、加害車両1台につき、被害者1人につきの金額(1件の事故での総額ではありません)が死亡 3,000万円、120万円、後遺障害程度に応じて 75万円~3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円になっています。

自賠責保険の請求は、加害者が賠償金を被害者に支払った後に請求する「加害者請求」と、被害者が直接保険会社に請求する「被害者請求」があります。
その他に加害者請求の一種になりますが、加害者が任意保険に加入している場合、任意保険会社が、被害者に対して自賠責保険対象分も含めて一括して保険金を被害者に支払い、その後に任意保険会社が加害者に代わって自賠責保険会社に対して自賠責保険対象分を請求する任意一括請求があります。

自賠責保険の支払金額について

自賠責保険の請求方法について

自賠責保険の被害者請求について

自賠責保険の被害者請求を勧める理由

被害者請求か任意一括請求かお悩みの方へ

被害者請求の手順

交通事故業務のトップへ

【対応地域】兵庫県加古川市(尾上町・加古川町・金沢町・上荘町・神野町・志方町・西神吉町・野口町・平岡町・東神吉町・平荘町・別府町・八幡町・米田町・山手・新神野・大崎・西条山手)加古郡(播磨町 稲美町) 明石市 姫路市 高砂市 など東播磨地域を中心にサポートさせていただきます。上記地域以外でも(神戸市西区、垂水区、小野市、加西市、三木市、西脇市、相生市、たつの市、赤穂市、赤穂郡上郡町、揖保郡太子町など)事前にご連絡いただき、事務所への来所が可能な場合はできる限り対応させていただいております。

注意 あなたに代わっての示談交渉・紛争案件・書類作成に付随しない法的な相談、裁判所に提出する書類など弁護士法やその他の法律に抵触するような行為や行政書士の業務範囲を超えた業務は取り扱っておりません。

料金の目安
自賠責保険への被害者請求
傷害事案54,000円
後遺障害事案54,000円~
自賠責保険への異議申し立て書の起案54,000円~
任意保険で認められた等級での自賠責保険の被害者請求54,000円
その他、自賠責保険被害者請求や後遺障害についての相談を一時間5,400円で行います

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8657298958258102"
data-ad-slot="3723139678">

Copyright(c) 2006-2012 行政書士中野智子事務所 All Rights Reserved.
Produce by デザニュー